弁政連ニュース

特集〈座談会〉

弁護士会と自治体の連携
~弁政連の役割~(6/6)

【菊地】弁政連は政治と直結した活動、特に弁護士の活動領域を拡大する立法活動が若い先生を引き付けるのではという話や弁政連が弁護士のプレゼンスを高める広報的な活動を積極的にすべきだという話をいただきました。最後に本部に対して要望をいただきたいと思います。

【庄司】本部でも何かまとまった議員・首長に対する要望集のようなものを策定していただければそれをぜひ参考にさせていただきたい。

【湯澤】弁政連の活動として川上と川下の両方を攻めていかないと動かないのかなと。川下の方もどれだけマンパワーが裂けるのかわからないですけど、川下が動くには川上がかなりやってもらうと動きやすいかなと。例えば空き家の関係の協議会に弁護士会が呼ばれて初めていったのですけど、ほとんどお客様扱いで弁護士会に何ができるのですかというぐらいな雰囲気。先ほども出ましたけど、行政書士会とかすごいパワーがあってこの仕事を取りに行っていると感じた。多分中央の方でもそれなりの対策を立てていると思いますけど、川下の人間としてはそこで初めてぽっと行って、外様じゃないですけど、プカプカ一人海に浮かんでいるような感じだった。そこら辺の中央と地方の差がないように活動をしていきたいし、中央からどんどん情報をいただけるとありがたい。

【佐藤】各政党の政策形成過程手続きがどうなっているのかが現場には見えてこないのですね。それこそ自民党の秘書の方とお話をしたら「きちんと自民党の中には政策決定の過程というものがある。こういう手順を踏んでやっているので今頃要請されても遅いんですよ」という話をされました。もしそういった政策、意思決定過程がどうなっているのかという情報を弁政連内でお持ちでしたらそれをご提供いただけるとありがたい。もうこの段階から動かないと準備ができないのではと思います。

【田邊】いろいろな情報提供が大きいのかなと思います。山梨の場合は福祉との連携が進んでいると自負していますが、政策決定過程もそうですが、福祉関連の政策を進めようとするとどうしても予算の問題にぶち当たる。どういうところにどういうお金があってどういう風にそれを利用するとここで使えるのかという仕組みについては全く素人みたいです。例えば厚労省なんかはどういうお金を使えるのか、総務省はどうなのか、そういったところの大きな予算に絡むような情報だとか、どこのボタンを押すとかなりいいのだというようなそういった知識がなく割と場当たり的にやっている。それから福祉の分野で各委員会がやろうとする企画は個別にたくさんあるのですが、縦割りになっていて同じようなことをやっている委員会があったりするので、執行部が中心となって全体を見渡して弁政連と協議してこの委員会がやっているこの部分についてはピックアップして議員や知事や首長に対してプレゼンを戦略的にやりましょうということが大切です。

【菊地】本日は長時間にわたり、貴重なお話をうかがい、ありがとうございました。

日弁連が進めている行政連携活動が、各弁護士会でも積極的に展開されており、それには弁政連が橋渡しをしている、さらには弁政連が中心となって積極的に政策提言をするという方向性が見えてきて、大変有意義な座談となったことを、改めて御礼申し上げます。

国・自治体等と弁護士との連携は、格差社会における法的救済を求める人達へのアクセス手段であり、人権擁護の直接的な弁護実践です。自治体等連携センターの活動が、弁政連各支部と弁護士会とコラボして推進していくという力強いお話を賜り、勇気がわきました。ありがとうございました。

於霞が関弁護士会館

(平成28年7月12日 於霞が関弁護士会館)

 


▲このページのトップへ