弁政連ニュース

クローズアップ〈座談会〉

若手会員弁政連の活用を語る
(6/6)


若手弁護士へのメッセージ

【出井幹事長】それでは最後に、みなさんそれぞれ皆さん自身が若手会員であるわけですが、若手会員に対するメッセージ、これは弁政連に既に入っている若手会員もそうでしょうし、これから入ってもらいたい若手弁護士会員ですね、どちらに対するメッセージでもけっこうですので、それぞれ一言ずつお願いしたいと思います。

【槇氏】はい。福島県から来てますので、ちょっと地方向けというか特に福島県の若手に対するメッセージになってしまいますが、今これだけ福島県が、政治的にも社会的にも注目され、そんな状況で弁護士も活動している中で、最後は政治の力が必要になってくると思います。そのような状況で原発被害者の救済のために、やはり若手にどんどん入会していただき、かつ政治家との懇親会、協議会に出て来てもらいたいと思います。自分たちがやって来た活動がダイレクトに政治にフィードバックされるいいタイミングと思い、これをチャンスだととらえて、是非政治との繋がりを含めて、頑張ってほしいなと思います。

【出井幹事長】それでは松山さん。

【松山氏】はい。毎回企画委員会に参加して思うのは、女子の方が少なくて私も寂しいんですよね。政治に興味のある女性弁護士も少ないような気がします。それでも政治家として活躍している女性弁護士は福島みずほ党首など意外にも多いです。女性の方にも弁政連の活動に興味を持っていただきたいですし、そのために私も企画委員会で頑張って面白い企画を考えてみますので、そちらに積極的に参加して一緒に盛り上げていただければと思います。

【出井幹事長】それでは好永さん。

【好永氏】支部としても若手が活動出来る場ですね。積極的に提供していくよう努力しますので、是非入っていただいて、もちろん知識なり有形無形の勉強は出来ると思うんですよね。それこそがメリットなんじゃないのかなと思っているので、是非積極的に参加してもらいたいと思います。あと、話は変わりますがこの間の定期総会で、他士業の司法書士とか行政書士とか社労士とかの活動を調べてみたんです。かなり政治的な活動をして、大きな成果をあげているんです。それが弁政連に無いなあと思って、そういう目に見える成果が弁政連にあると注目が若手からも集まるのかなと、今のところ給費制の問題がメインで来たと思うんですけれども、その辺がやっぱり、若手には、訴求力がすごくある、そういう活動が実現出来る団体なんだ、結果が出たといえば、それこそ福島のところでも何か弁政連として成果をあげました。と、別に職域じゃなくても被災者の方の救済にすごく役立ちましたということであれば、それはそれで活動に参加する動機になると思うんですけども。じゃあ、地方は地方で何ができるんですか?といわれたら、地方は地方で、それこそ条例とか目に見える成果としてうちの支部でこうやりましたよというのを作っていきたいと思います。そういう所を是非一緒にやっていただく若手に入ってもらいたいなと思います。

【出井幹事長】それでは最後に関口さん。

【関口氏】日々の業務の中で、政治に対して弁護士がどういう風に関わっていけばいいか、なかなか考える機会がないかと思います。私が弁政連に入ってよかったと思ったことは、政治との関わりの中で、弁護士の活動にこんな世界があるんだということを知って、視野を広げることができたことです。そして何よりも、端的に弁政連の活動は楽しいぞということをお伝えしたいですね。今は弁護士業界に余裕がなくなってきている時代ですが、だからこそ積極的に弁政連に関与していって、日常業務外の活動をして新しい知識を身につけていく。他士業との連携も積極的にやっておりますし、そういう様々な出会いの機会に参加する。そういった一つ一つの活動が、本当に楽しく、意義がある。多くの先生と是非一緒に頑張っていきたいなと思います。ぜひ弁政連に入ってください!

【出井幹事長】ありがとうございます。今日はかなり厳しい意見もいただきましたし、有益な意見もいただいたと思います。今日の懇談会、座談会を是非、今後の弁政連の活動に活かしていければと思います。本日は有り難うございました。

於霞が関弁護士会館
(平成24年7月3日於霞が関弁護士会館)



▲このページのトップへ