弁政連ニュース

各政党との朝食会報告

民主党(11月17日)

民主党との朝食会報告

日弁連及び弁政連から多数の役員が出席しました。民主党側も19名が出席され、早朝から熱気が感じられたように思います。まず、弁護士側から平山弁政連理事長と宇都宮日弁連会長の挨拶があり、民主党側からは江田五月最高顧問からの挨拶がありました。その後、弁護士側から法曹養成や震災後対策に関する問題提起がなされ、それを踏まえて民主党の多くの議員の先生方から発言がありました。民主党の議員の先生方のお話は、与党であるだけに情報の豊富さと深さがあると感じました。ただ、与党であるからこその悩みが多いことを感じさせるものでもありました。

(企画委員会副委員長 豊田賢治)

▲このページのトップへ


自由民主党(12月8日)

自由民主党との朝食会報告

主催者弁政連からは平山正剛理事長、日弁連からは宇都宮健児会長ほか多数が出席し、先ず、日弁連から①法曹養成について、②東日本大震災への対応(法テラスの資力要件など)について、③集団的消費者被害救済制度について、④死刑再審無罪者に対する年金給付などのテーマに関して報告と要請がなされました。

自民党からは、高村正彦議員のご挨拶の後、柴山昌彦党法務部会長から詳細な議論状況の説明をしていただき、逢沢一郎、森英介、山本有二、平沢勝栄、河井克行、稲田朋美、松下新平、森まさこの各議員らが出席してくださる中、議論の内情などザックバランなご意見も含めて活発な意見をお示し頂きました。

(企画委員会副委員長 松田純一)

▲このページのトップへ


公明党(11月29日)

公明党との朝食会報告

日弁連からは宇都宮健児会長はじめ17名、弁政連からは平山正剛理事長はじめ10名が参加し、①法曹養成制度の改善、②東日本大震災における二重ローン問題への対応についての要請がなされました。

公明党からは山口那津男代表・井上義久幹事長・漆原良夫国会対策委員長をはじめとして11名(このうち5名が弁護士資格を有する議員)が参加されました。朝食会では、出席議員より上記①・②問題について数多くのご意見を伺うことができ、公明党の議員の先生方の関心の高さを感じることができる有意義な朝食会でした。

(企画委員会副委員長 船島伸広)

▲このページのトップへ


みんなの党(12月7日)

みんなの党との朝食会報告

日弁連からは宇都宮健児会長、弁政連からは平山正剛理事長はじめ多数の弁護士が参加し、①法曹養成制度の改善、②東日本大震災における二重ローン問題、③企業統治制度改革④消費者被害救済制度改革についての説明・提案がなされました。みんなの党からは、浅尾慶一郎政調会長からご挨拶をいただきました。出席された水野賢一、川田龍平、桜内文城、小熊慎司、上野ひろしの各議員から法テラスの資力要件についての問題、食品の放射性物質残留の問題、法テラスの開所式についての感想、昨年の朝食会の感想など、日弁連の今後の活動について示唆に富むご意見をいただきました。

(企画委員会副委員長 船島伸広)

▲このページのトップへ