弁政連ニュース

支部報告Ⅷ

静岡県支部熱気あふれる政治家との交流

静岡県支部長 小野 森男

静岡県支部長小野森男

ここ数年、静岡県弁護士会も新人登録で会員数が急増している。平成23年5月でみると静岡支部145名、浜松支部87名、沼津支部119名の総数351名になった。当然弁護士の職業的将来像は厳しくなるが、この危機感は、若い弁護士に政治に目を向かせる良い機会ともなると思う。そのきっかけとすべく、今年は1月から2月にかけて静岡・浜松・沼津の三会場で政治家との新年会を開催した。

新年会の狙いは3点、弁護士が電話一本で会話の出来る政治家を友人に持てるようにすること、首長と接し弁護士が地方行政に関与出来るようにすること、弁護士が政治の世界にステップアップする土壌を作ることである。今年は第1回だが、政治家側は国会議員、首長、県会議員、市会議員、弁護士は若手多数の参加を得て、三会場とも50~70人の熱気あふれる交流の場となった。とりわけ若い女性弁護士が多数参加し意欲的だったのが印象的だった。

数年間このような試みを繰り返せば、弁護士が立法とも密になるという流れが必ず出来ると信じている。弁政連静岡県支部の会員数は創立後7年間75名から少しも増えていないけれど、いずれ増加に転ずるでしょう。

なお、静岡県弁護士会は、6月18日(土)市民集会「東日本大震災が問う法律家の使命―法曹養成フォーラムに向けて―in 静岡」を、宇都宮健児日弁連会長を迎えて静岡市内で開催した。多数の国会議員の参加を得て、盛会で意義ある集会となったが、弁政連静岡県支部会員の力添えに感謝申し上げる。

▲このページのトップへ


沖縄支部活動状況について

沖縄支部幹事長 上原 義信

沖縄支部幹事長上原義信

沖縄支部は、平成19年5月に設立され、この4年間中野清光弁護士を支部長として活動してきました。設立当初は、10名程度の会員でしたが、現在は24名の会員となっています。しかしながら、現在の弁護士人口の増員状況からすると、当支部の会員拡大は喜べる状況ではありません。会内の若手会員に対し、弁政連の活動内容やその影響力をよりアピールし、更なる会員拡大に努めていきたいと思います。当支部の活動については、毎年定期的に総会や懇親会を開催し、活動状況の相互確認を行うと同時に親睦を深めております。また、対外的には沖縄県選出の国会議員との面談を通じて様々な要望を実行しています。

特に、本年度から支部長に就任した竹下勇夫弁護士は、平成22年4月26日付の要望書において、司法修習生への給費制が廃止された場合の、修習に起因する疾病・傷害に対する司法修習生のための補償制度を早急に策定するよう、沖縄支部長を通じて日本弁護士政治連盟理事長に要望を行うなど、弁政連組織を積極的に活用しています。これからも弁政連活動を通じて沖縄らしい目に見える提言を続けて行く予定です。


▲このページのトップへ

トピックス

石川県支部設立総会報告

石川県支部設立総会

6月24日、KKR ホテル金沢にて弁政連石川県支部の設立総会と披露パーティーを開催しました。

設立総会には、本部より山岸副理事長、鈴木幹事長、中部弁護士会連合会から作井常務理事の参加を得て、出席会員30名により、規約、人事、活動方針が満場一致で承認されました。

披露パーティーでは、奥田建衆議院議員、近藤和也衆議院議員、馳浩衆議院議員、山野之義金沢市長、また、地元の各政党県役員などの出席を得て、活発な意見交換がなされました。特に、東日本大震災に関係する諸施策等について、弁護士の活動に対する謝意が述べられたほか、更なる活躍を期待するという熱いメッセージも頂きました。

北陸では最初の支部設立となりますが、今後は、31%の組織率を更に上げていくと共に、国会議員等との連絡を密にして、活発に活動をして参りたいと思います。

(石川県支部事務局長 小堀 秀行)

▲このページのトップへ


鹿児島県支部設立報告

石川県支部設立総会

8月20日、ホテル・レクストン鹿児島にて弁政連鹿児島県支部の設立総会と披露パーティーを開催しました。

設立総会には、本部より平山正剛理事長、鈴木善和幹事長、福島進事務局の参加を得て、出席会員34名により、規約、人事、活動方針が満場一致で承認されました。

その後の披露パーティーでは、川内博史衆議院議員、徳田毅衆議院議員(代理出席)、小里泰弘衆議院議員(代理出席)、森山裕衆議院議員、打越明司衆議院議員、皆吉稲生衆議院議員、野村哲郎参議院議員、尾辻秀久参議院議員、保岡興治元法務大臣、金子万寿夫鹿児島県議会議長、森博幸鹿児島市長、上門秀彦鹿児島市議会議長の出席を得て、活発な意見交換がなされました。特に、司法改革に関連して法曹人口問題や法曹養成フォーラム、また取調可視化などに関して貴重なご意見を頂くとともに、弁護士の活動に関する謝意と、更なる活動を期待するという熱いメッセージを頂きました。

現在、支部の会員が30名であり、組織率は20%となりますが、今後、ますますの会員の拡大を図ると共に、国会議員との意見交換等の活動を積極的に行っていく所存です。

(鹿児島県支部長 井上 順夫)

▲このページのトップへ