弁政連ニュース

特集〈座談会〉

政策秘書の現状と展望

─弁護士の新たな活動分野として─

司会
鈴木善和 幹事長
柳楽久司 広報委員会副委員長

 

深津功二

深津功二 会員(57期)
東京弁護士会所属
古川俊治参議院議員
政策秘書
(2007年9月~2008年2月)

渡辺拓

渡辺拓 会員(60期)
第二東京弁護士会所属
小沢鋭仁衆議院議員
政策秘書
 

小島秀一

小島秀一 会員(新61期)
東京弁護士会所属
仙谷由人衆議院議員
政策秘書
 

河﨑健一郎

河﨑健一郎 会員(61期)
東京弁護士会所属
村越祐民衆議院議員
政策秘書
 

池本寛子

池本寛子(新62期)
東京弁護士会所属
首藤信彦衆議院議員
政策秘書
 

はじめに

【鈴木】弁政連幹事長の鈴木善和(東弁・39期)です。本日は弁護士資格を持ちながら政策秘書をされている、あるいはされていた方々にお集まりいただきまして、政策秘書になったキッカケ、仕事の実際、やりがい、さらには政治の立場から見た日弁連などについて、率直に語って頂きたいと思います。最初に簡単に自己紹介をお願いします。

【深津】57期の深津でございます。東京弁護士会所属で、参議院埼玉県選挙区、自民党の古川俊治議員の秘書をしておりました。2007年の9月下旬から2008年の12月まで1年3か月ほど務めました。

【池本】池本寛子と申します。所属弁護士会は東京弁護士会で期は新62期です。衆議院議員の首藤信彦の政策秘書をしています。

【小島】小島秀一と申します。新61期で、東京弁護士会に所属しています。昨年11月から、国家戦略担当大臣の仙谷由人事務所で政策秘書をしています。昨年8月までは法律事務所に所属し、その後、2ヵ月半ほど日弁連で嘱託弁護士をやらせて頂いていました。

【渡辺】渡辺拓(ひろむ)と申します。期は旧60期でして、鳥飼総合法律事務所にて主として税務と企業法務をやっておりました。現在は、衆議院議員で環境大臣の小沢鋭仁の政策担当秘書をやっております。

【河﨑】河﨑健一郎と申します。新61期です。会社勤めを辞めてロースクールに入学し、弁護士になりました。東京駿河台法律事務所に籍を置きながら、民主党の村越祐民という若手衆議院議員のところで政策秘書業務を行っています。

【柳楽】弁政連広報委員の柳楽と申します。期は54期で、若い若いと思っていたのですがそろそろ9年目という年になってくると、「若手」と言っていいのか微妙な年になってまいりました。ただ、弁政連の中ではまだまだ若手の部類に入る存在でして、今日お集まりいただく政策秘書の方は若い方ということなので、近い視点から率直なお話しをお伺いできればと思ってやってまいりました。宜しくお願いします。


▲このページのトップへ