立法との架け橋をめざして

日本弁護士政治連盟 理事長 村越 進

このたび、平成29・30年度弁政連理事長に就任しました。よろしくお願い申し上げます。

司法が国民の期待に応え良くその使命を果たすためには、法曹三者の協力のもと、民事・刑事の司法制度や法曹養成制度をはじめとして、様々な改革を不断に進める必要があります。私たち弁護士・弁護士会は、国民に寄り添う存在として、常に国民目線で改革を提起し、先頭に立って取り組まねばなりません。ところで、改革の多くは立法措置や予算措置を要するものです。従って、当然ながらその実現のためには、立法府や行政機関にもご理解をいただくことが不可欠となります。

そこで、弁政連は、法曹・司法と立法の間の架け橋の役割を果たすべく様々な活動をしています。その一つが、日弁連執行部と立法を担い国政に当たられる国会議員の先生方との、懇談会や意見交換会の開催です。日弁連執行部が幅広い国会議員の先生方とこうした機会を積み重ねることによって、立場や見解の相違を超えて相互理解が深まり信頼関係が醸成されることは、とても大切です。そして、さらに両者の連携が緊密になり、国民のための協働の取組が行われることによって、法の支配が貫かれる公正な社会の実現に一歩ずつ近づいていくことが期待されます。

日弁連の活動を縁の下で支えるサポーターとしての弁政連の存在意義は大きいと考えています。不透明かつ困難な政治状況にはありますが、山岸憲司前理事長の路線と取組をしっかりと継承し、引き続き日弁連執行部と手を携えて、諸改革の実現のために全力を尽くす所存です。

弁護士の皆様には、弁政連に対し、ことにその組織強化について、格段のご理解とご協力をお願い申し上げます。

村越理事長

 

幹事長就任にあたって

日本弁護士政治連盟幹事長 谷 眞人

菰田幹事長の後任として、平成30年4月1日付で幹事長に就任した谷眞人(司法修習42期・東京弁護士会所属)です。菰田前幹事長、出井前日弁連事務総長らと同じ時期に日弁連事務次長を務めさせていただきました。その他、日弁連司法改革調査室、司法研修所教官、公設事務所所長、東京弁護士界副会長等を経験してきました。司法制度改革のバックアップを経験したときに、「制度に問題があれば法律を変えれば良い」ということ、それに日弁連・弁護士会が大きく関わることができることを学びました。法の支配の普遍化のためには、基本的人権の大切さを理解した弁護士が、もっと国政に関わるべきではないかと考えています。微力ながら村越理事長を支えることができればと思っています。よろしくお願いします。

谷 眞人幹事長